写真で実験学校の様子をお伝えしていきます。
竹とグリーンLED
2010-06-09 Wed 18:34
今回の研究科電子工作の自由テーマは、
前回の特別会で好評だった「竹ライト」をさらに
発展させたものを作成しました。

P5239042_R_R.jpg

回路は、子供達と一緒に相談して決めた、星くずの村オリジナルです。

P5239099_R_R.jpg

二個のトグルスイッチの組み合わせで、4色LEDを計8通りのカラーで発光可能です。
特別会の時の、2色切り替えから大きく発展させました。

P5229017_R_R.jpg

P5229032_R_R.jpg

加工は、はんだごてはもちろん、ドリルや、のこぎりも駆使するので、
ちょっとした、町工場のようです。
さすがは、研究科!

中学生~高校生対象の研究科なので、中学1年生の生徒にとっては
相当難易度が高い内容ですが、マンツーマンで丁寧に教えるので、安心してくださいね。

P5239070_R_R.jpg

雨の中、「竹」と、「竹の葉」をとりに出かけました。


P5239072_R_R.jpg

グリーンライトを竹の葉背面から照射中。葉の細胞の美しさが見事です。

P5239093_R_R.jpg

そして完成品は・・・・

なんと、撮影チャンスを逃してしまいました。
申し訳ありません!
別窓 | 研究科 電子工作 | ∧top | under∨
カラーLED懐中電灯で肝試し
2010-04-15 Thu 15:30
星くずの村では、中学1年生から研究科と呼ばれ、電子工作、自由研究が
毎回のテーマになります。

記念すべき、新中学1年生の研究科第一回電子工作は
LEDの科学


resize1888.jpg

赤、黄色、緑から、青、白、紫外線にいたるまでの波長の開発の経緯、
電球色、桃色や、信号機の青緑などの特殊な色の秘密を実際の光を
見せながら解説していきます。

resize1886.jpg

夜間に実施する実験のため、部屋の照明を落とした、暗闇で行うと、
科学の光の、美しさを十二分に堪能できます。

右手には、瀬戸内海、左手には、雑木林という絶好のロケーションなので、
皆で、自作したミニライトを持って、肝試しに出かけようということになりました。

resize1890.jpg

白色や、電球色とは違い、青や、赤などの、単色の光は、
非現実的な演出力があって、街灯のない、星くずの村内の夜道は、
散策するだけでも十分背筋が寒くなります。


これも、宿泊だからこそできる実験のひとつですね。

resize1891.jpg

別窓 | 研究科 電子工作 | ∧top | under∨
BACK | 星くずの村 実験学校 fotolog | NEXT