写真で実験学校の様子をお伝えしていきます。
第1回特別回(スペシャル)「実験学校」のご案内
2010-04-13 Tue 16:47
4月24日、25日の小豆島「星くずの村」実験学校は、2010年度 第1回の特別回(スペシャル)です。この特別回は、「星くずの村」から飛び出し、風光明媚で歴史的建築物や遺産などがたくさんある小豆島をいっそう良く知ってもらったり、普段の実験学校ではできない実験に挑戦していただいたりします。また、親子でも参加いただけるものとなっています。今回は下記の内容で実施いたしますので、奮ってご参加いただければと思っています。

★第1時限・第2時限 植物博士になろう!(小1~小4)
 「星くずの村」には、小・中学校の教科書に登場する植物を中心に生きている化石「メタセコイヤ」に至るまで200種類8000本の植物が植えられています。またこれらの植物のうち、特に身近な50種類ほどは、プラカードを立てそこに植物名や分類、常緑・落葉の別、植物の特徴、人とのかかわりなどをヒゲ先生が易しい言葉で解説しておられます。今回は◆第1時限◆植物の分類をしよう。(単子葉類・双子葉類/合弁花・離弁花/被子植物・裸子植物…など)◆第2時限◆顕微鏡を使って植物のミクロにせまろう。(おしべ・めしべ・花粉/導管・師管(茎の断面)/葉の断面…など)をしましょう。

★第1時限・第2時限 竹のオブジェを作ろう2(小5~研究科)
 高学年は、昨年に引き続き「竹のオブジェ作り」です。第1時限に竹の切り出しから工作までを行ないます。第2時限は少し高度な電子工作をして昨年以上に美しい竹のオブジェを作りましょう。

★★2日目 第3時限「二十四の瞳(にじゅうしのひとみ)」映画村に行こう!
 「二十四の瞳」映画村では、小豆島を舞台にした壺井栄の名作「二十四の瞳」が2度目に映画化された時のオープンセットを保存公開しています。昭和初期の民家や珍しいボンネットバス、駄菓子屋など、郷愁を誘う世界が広がり、まさに小豆島の文化遺産です。また「二十四の瞳」が常時上映されているミニシアター松竹座や壺井栄文学館のほか、近くには田浦尋常小学校が岬の分教場として保存されています。この映画村に春の季節をいっぱい感じながら歩いて行きます。

☆☆お申し込みページ http://www.hosikuzunomura.com/hosikuzu/index2.html

藤原学園 実験教育 研究所 /「星くずの村」実験学校
〒537-0013 大阪府大阪市東成区大今里南3-4-24 http://www.hosikuzunomura.com

Copyright(C) 2010 Fujihara Educational Institute of Science Experiment.All
rights reserved.
別窓 | 星くずの村からのお知らせ | ∧top | under∨
| 星くずの村 実験学校 fotolog |