写真で実験学校の様子をお伝えしていきます。
プラ板アクセサリー作り
2010-01-28 Thu 15:18
プラ版アクセサリー作りは、オーブントースターが家庭に普及し始めた
ころからの定番実験で、結構歴史は長いと思います。




初めて体験する子供達は、
焼きこむと、溶けずに、縮むという、予想外の変化にびっくり!

resize0675.jpg


蓄光プラ板なんかで、光るものを作るのも楽しいのですが、
案外、普通の透明なプラ板も、色合いの透過具合がカッコいいです。

resize0673.jpg

一つ作るのに、数分しかかからないので、アイデアしだいで、どんどんアイテムを
その場で増やしていけるのも楽しい点。

resize0671.jpg


スタート時点で、やや厚めのプラ板を使うこと(0.4mm→2mmぐらいになります)
キーホルダーを付けるための穴を、隅っこのほうにパンチで空けておくのが
かっこよく仕上げる。コツです。



resize0674.jpg

油性ペンだと、透明感が美しくしあがります。
色は、細かくなるところ以外は後からぬったほうがいいかも。大量の面積を塗っても、結局縮みますから!



resize0672.jpg

そして、がんばって作ったものは・・・
市販のアクセサリーよりも、はるかに大切なものになります。


resize0676.jpg


やけどだけ、注意!
別窓 | 実験の様子 | ∧top | under∨
| 星くずの村 実験学校 fotolog |