写真で実験学校の様子をお伝えしていきます。
小豆島 吉田ホタル祭り 後編
2011-06-22 Wed 17:55
P6113007_2011 6  mizo_mizo
会場の照明が落とされ、しばらくして
暗闇に眼がなれる頃には、携帯の液晶ですらまぶしく感じられるようになります。
P6113043_2011 6  mizo_mizo
P6113046_2011 6  mizo_mizo
写真は、三脚ありの10秒露光です。明るく見えますが、実際は、ほぼ真っ暗闇。

プロの蛍写真家が撮るような、蛍が多数飛び回っているような写真は、
60秒露光の写真を数十枚重ね合わせて合成するのが主流です。つまり、1時間粘って、
数枚の写真しか撮れないという難易度の高さです。

コレばっかりは、携帯カメラや、三脚無しの手持ち撮影では簡単に撮ることは出来ません。
P6113055_2011 6  mizo_mizo
P6113066_2011 6  mizo_mizo
人の眼は、そんな難しいことを考えなくても、
幻想的な蛍の輝きをすぐに味わうことが出来ます。
まだまだ、機械が追いつけない機能ですね。
P6113084_2011 6  mizo_mizo
P6113086_2011 6  mizo_mizo
P6113092_2011 6  mizo_mizo
いくつかの蛍は、虫かごに入れて持ち帰り、
星くずの村の天の川に放ちました。

詳細は、学園ブログ:森山先生の記事をご覧ください。
「星くずの村」に舞うホタル
森山’s Honey Bucket 84
http://fujiharagakuen.gjpw.net/Entry/549/

カエルたちのように、
繁殖してくれたらすばらしいのですが、なかなか難しそうです。
P6113098_2011 6  mizo_mizo
別窓 | 小豆島の観光名所 | ∧top | under∨
| 星くずの村 実験学校 fotolog |