写真で実験学校の様子をお伝えしていきます。
8月実験学校各種実験
2013-09-02 Mon 15:47
二泊三日で、特別なイベントも多数ある、8月度実験学校ですが、
当然、通常の実験も豊富に実施しています。

DSC03020_mizo_r.jpg

塩ビミラーを使った万華鏡作り。
筒の半径のルート3倍を一辺に持つ正三角形をキッチリと
カットして、指紋を絶対に付けないように!と慎重に。エンジニア気分です。

DSC03018_mizo_r.jpg

どんぐりのような、大きな黒目がびっしりと!

DSC03042_mizo_r.jpg

強弱を切り替え可能なハンディー扇風機。
完成後なので、みな笑顔ですが、
作成過程は、複雑な回路を組み上げるのに四苦八苦。
この学年にとっては、なかなか高度な電子工作です。

DSC03049_mizo_r.jpg

実験学校お馴染みの、「水素風船」
亜鉛と、希硫酸を使って、水素を発生。その水素を充填した
風船を飛ばします。
このあと、メッセージを載せて、内海の遥かかなたまで消えて行きました。

研究科といえば、怪しい実験w
火を使っていないのに、
バチバチ、小爆発を繰り返しています。

DSC03064_mizo_r.jpg
別窓 | 実験の様子 | ∧top | under∨
7月度実験の様子
2013-07-23 Tue 16:45
P7143143_mizorr.jpg
>
最近は、デジタル温度計が主流で、この棒温度計は、普段の生活の場からは
ほとんど姿を消しました。

まずは、温度計の読み方から始まって、
水が沸騰する温度、凍る温度を説明します。

P7143148_mizorr.jpg

せっかく作った寒剤ですから、
かき氷のシロップ等を使って簡易キャンデーを作りました。
実験が速く終了したほかの学年の生徒も乱入してきますw

P7153209_mizorr.jpg

研究科では、雲、霧をつくる実験。
教科書では、水蒸気+線香の煙ですが、
それよりも、もっと大量に、濃い「霧」を作る方法を模索します。

P7153212_mizorr.jpg

そのあと、珍しい雲の図鑑を自分たちで作ります。
竜巻の時にだけ発生する雲に名前がついていることにびっくりしました。

P7153214_mizorr.jpg

引き続き、ソーラー風車を作ります。
太陽光をエネルギーにして
光があたっているあいだは、ずっと回転する風車なのですが、
あいにく曇天!
雲の勉強にはちょうどよかったのですが・・・

P7153216_mizorr.jpg

持ち帰ったあと、自宅で回転しましたか??
別窓 | 実験の様子 | ∧top | under∨
| 星くずの村 実験学校 fotolog | NEXT